2005年 12月 31日
振り返ってから、スタートへ
いよいよ大晦日もあと数時間。もうすぐ新しい年がやってきます。
新年を迎えるというのは不思議なものです。
今日も明日も何も変わらない。
カレンダーが新しくなるだけ。

なのに
気持ちまで新しくなるのです。

もし1年という概念が私達になかったらどうでしょう?

人生にはいろいろな区切りがやってきます。学校を卒業したり、入学したり、就職したり、退職したり。それらの区切りでも、私達はあらたな決意をしたり、新しい道へ踏み出したり、周りの人に感謝したりします。
けれど、そんな特別なことがなくてもやってくる新年。
誰にでも平等にやってきます。
朝がやってくるように新年がやってくる。

もちろん、夜休んでからの新しい朝の始まりも大切ですが、日常に埋没しがちです。
少し大きな一年という特別な区切りを迎えることで、自分の歩みを見直したり、新しいことへのチャレンジに踏み出したりするきっかけになります。

それは愚かで方向を見失いがちな私達にとって大切な「きっかけ」なのでしょう。

そこで、まずは、この終わろうとしている年を振り返る時間を持ちたいと思います。

今年もいろいろなことがありました。
嬉しいことは私自身にも周りでもたくさん
悲しい出来事も周りでたくさん
そして、反省すべき事はいろいろ・・・

今年の始まりに「こんな一年でありたい」と抽象的に願ったことが、具体的な形で応えられ、小さな出来事の一つ一つとして今思い出せることは特に感謝なことです。

いろいろな事があったけれども、ここまで神様に守られて、この年を過ごすことができました。ひとつひとつ、振り返って神様に感謝する時間をもちたいと思います。


それから、今年もいろいろな形で私を支え、励ましてくれたみなさんにも、心から感謝しています。来年もよろしくお願いします。


e0065562_22361117.jpg

さて、過ぎゆく一年を振り返ったら、今度は新年に目を向け、方向性を定め、今度はこんな一年でありたいと、期待を込めて新しい歩みに踏み出したいと思います。


「あなたの目は前方を見つめ、
 あなたのまぶたは
 あなたの前をまっすぐに見よ。
 あなたの足の道筋に心を配り、
 あなたのすべての道を堅く定めよ。」
  ー聖書(箴言4:25,26)
[PR]
by myrex | 2005-12-31 22:38 | Daily Thoughts
<< レックスより新年のごあいさつ 我が家の年越し >>