2006年 02月 25日
人生のアスリート
いよいよトリノ・オリンピックも終わりに近づきました。

e0065562_2347413.jpg
力を出し切れて、あるいは普段以上の力を発揮してすばらしい成績を残すことができた選手もいれば、失敗やアクシデントから思うような結果を出すことができなかった選手もいます。

でも、結果はともあれ、本番に備えて努力を重ね、準備をしてきた選手の一人一人が、ベストを尽くして力を発揮しようと精一杯がんばったこと、本当に素晴らしいことだと思います。



e0065562_2347145.jpg

私にとってフィギュアスケートは、オリンピックに限らず、いつも楽しみに観戦するスポーツの一つです。テレビで見ながら、ジャンプのたびに「よし!」とか思わず叫んでしまいます。今朝も生中継で観戦しました。

スケーターの一人一人を見ていて、いつも本当にすごいと思うのは、彼らが演技を投げ出さず、あきらめないところです。



スキーのコースアウトやスピードスケートの転倒というアクシデントの場合は、そこで競技は終わってしまいますが、フィギュアスケートでは転んでもまた立ち上がって演技を続けます。

私だったら、一度や二度転んだら、もう投げ出して、演技をやめてしまうのではないかと思います。

でも、彼らは立ち上がります。
失敗した技にも挑戦します。
伊藤みどり選手がアルベールビルオリンピックで銀メダルを獲得した時も、トリプルアクセルに一度失敗しながら、再度挑戦して成功したのでしたね。

今回のオリンピックでペアで銀メダルをとった中国の選手は、スロージャンプに失敗して転倒し、中断を経て演技を再開。見事に銀メダルに輝きました。(中断というシステムを初めて理解しました)
転んだ彼女はきっとものすごい痛みもあっただろうし、演技を続けることに恐怖さえ感じたのではないでしょうか。それを乗り越えて最後まで滑りきったことに感動しました。

e0065562_23472442.jpg


私はスポーツを観戦することで自分が励まされたり、教えられたりすることがあるように思います。

人生もこうした競技のようなものかもしれませんね。一人一人が人生のアスリート。
与えられた才能を生かしたり、足りないところを努力で補ったり、失敗してこけちゃったり、思わぬ成功を手にしたり・・・そうして一人一人、マラソンのように自分に与えられた人生を完走する。距離は人によっていろいろ。コースも様々。でもそこに戦いや試練があり、そして走り終わった時に栄光もある。

そういえば聖書の中でもパウロが自分の生涯を競技にたとえているところが数カ所あります。「私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けよう」と呼びかけたり、晩年には「私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え・・・」とも言っています。

私もこれから先、どれくらいの距離があるのか、途中にどんな障害があるのか、わからないけれど、忍耐強くベストを尽くして走り続けたいと思います。

「主を待ち望む者は新しく力を得、
 鷲のように翼をかって上ることができる。
 走ってもたゆまず、歩いても疲れない。」
  ー聖書(イザヤ書40:31)
[PR]
by myrex | 2006-02-25 00:14 | Daily Thoughts
<< 私の本箱〜プロローグ 時間の長さ >>