2006年 12月 18日
アメリカから届いた(?)クリスマスギフト
大学生時代にホームステイで何度もお世話になったホスト・ファミリーからクリスマスギフトが届きました。

e0065562_19465440.jpgお花屋さんの箱に入っていたけれど、開けようとして、
「ん?この臭いは・・・?」
と、開けてみたら、フルーツ!
そして、なぜかインスタントコーヒーの瓶。

私が送ったのは、ヒイラギ。
ちょうど、「赤い実の木が欲しい」と話していたそうで、数日後に私のヒイラギが届いて喜んでもらえました。

といっても、このバスケットはアメリカから飛行機で届いたわけではないし、私のヒイラギも日本から送った訳でもありません。

ネット注文して、現地のお店から届くのです。
お花を届けたいことがあると、私は、よく利用してます。

大学生の時から、クリスマスになるとプレゼントを買って、いろいろパッキングして航空便で彼らに送っていました。
物も送るけれど、食べ物をよく送りました。日本のスナックは子供達のお気に入りで、特に●ッキーとか、コアラの●ーチは必ずいれてました。
あちらからは、CDやかわいい雑貨やキャンドル、そしてアメリカらしいカラフルなクリスマス・クッキーとかコーヒーが届いてました。

でも、あの9.11のテロの後、食べ物を送るのが難しくなりました。
それに、子供達も大人になりました。
そこで、最近ではクリスマスのリースとか、お花とかをネットで注文して送ることが多くなりました。
チョイスも多いし、希望の日に届けてくれるし、便利なものです。

インターネットのお陰で、海外の友達とも連絡を取り続けることが簡単にできるようになりました。メールだったら「元気?こっちは元気だよ」みたいに気が向いた時にメッセージも送れます。
プレゼントも簡単にネットで送れます。

ペンパルやホストファミリーに手書きで一生懸命手紙を書いて郵便局に通っていた頃もちょっと懐かしいけれど・・・
[PR]
by myrex | 2006-12-18 20:05 | お友達
<< クリスマス礼拝のご案内 まるでテーマパーク・・・ >>