2007年 02月 12日
3つの文化を越えて!
この間ブライダル・シャワーをしたY子ちゃんの結婚式があり、出席しました。
Y子ちゃんは同じ教会の友人で、大学時代も別の教会で一緒でした。
お相手のMさんも同じ教会の方。
今回、結婚式は自分たちの通う東京バプテスト教会で行ない、披露宴は場所を移してレストランで行われました。

そして、Mさんはは台湾生まれのアメリカ育ち。
ということで、結婚式も披露宴も3カ国語(日本語、英語、中国語)!
全体を通して、「3つの文化を越えて」二人が結ばれるという感じが伝わりました。

e0065562_10442356.jpg
←こちら
結婚式のために教会に到着した二人。

なんか映画のワンシーンみたい。

Y子ちゃんの靴の高さに驚き!
それでもしっかり歩けるのは、さすが〜


e0065562_10445383.jpg
式では、賛美歌を歌い、教会の牧師から聖書に基づいた夫婦のあり方や愛についてのお話しがあり(英語と日本語両方でお話しされ、中国語はスクリーンに)、誓約しました。

証明書に署名したあと、新郎新婦はUnity Candleに灯火。
ステージに用意されている3つのキャンドルスタンドのロウソクには、新郎新婦それぞれのお母様が式の始めに火を灯されましたが、真ん中のスタンドにあるロウソクは、真ん中の一本だけ残してあります。
夫婦になった二人は、その両側のロウソクをとって、新郎新婦が真ん中のキャンドルに火を付けます。


e0065562_104594.jpg
そして、手にとった両側のロウソクはその場で吹き消すんです。

なんかこれを見ていたら、新郎新婦が親元を離れて独立した家庭をスタートさせるんだな〜という実感がわいてきました。


たくさんの人が出席して見守る中、神様の恵みがいっぱいの素晴らしい結婚式でした。


e0065562_1045204.jpg
新婦のY子ちゃん、本当に美しかった・・・
ドレスもブーケもみんな彼女にぴったりでした。

それにしても、ふと、私は、
「彼は明日、左腕が筋肉痛になりそう・・・」
と思ってしまいました。

だって、式の間もずっとだし、披露宴でも席に座っている時以外はほとんど新婦に腕を貸していて、しかも同じ左腕・・・

でも、4年(5年という説もあり)も待ったこの日だもの、それくらいどうってことないわよね。

e0065562_10453862.jpg

披露宴では途中でお色直し。彼女は紺色のドレスで登場しました。
シンプルだけど、洗練された感じでとってもステキー。

ブーケのピンクが映えています。


披露宴そのものも、和やかで、お二人の人柄そのままのような素敵な会でした。
素敵なお料理や演出については、また後日ご紹介します。



二人の新しい人生の歩みに神様の祝福と守りがいつもありますように・・・
おめでとう〜!!
e0065562_10455564.jpg

[PR]
by myrex | 2007-02-12 11:12 | お友達
<< 4と9 五目・ゴモク >>