2007年 02月 27日
SONG FOR MEGUMI
久しぶりにCDをまとめ買いしました。今日はその中の一枚を。

e0065562_21544722.jpg
Noel Paul Stookey

SONG FOR MEGUMI
です。

Noel Paul Stookeyは、ご存じPeter, Paul and Mary (P.P&M)のメンバー。

500マイル
花はどこへ行ったの
はよく知られています。



先日彼は来日していて、ニュースにもなっていました。
このCDに収録されているSONG FOR MEGUMIは拉致被害者横田めぐみさんを歌った曲。

拉致事件のこと、めぐみさんのことは、いつも心にかかっている事柄の一つです。
それで今回この曲のことをテレビで見て、CDを買うことにしました。

優しい歌声と思いのつまった詩。
聴いても涙が出るだけだけれど・・・

でも、買って聴くことにしました。





P.P&Mは、小さい頃からよく耳にしていましたが「花はどこへ行ったの」で思い出すのは、ドイツ出身のフィギュアスケート選手カタリナ・ビットです。

私はフィギュアスケートを見るのが好きで、これも小さい頃からよくテレビで見ていました。
カタリナ・ビットはサラエボとカルガリーの2回のオリンピックを連覇したものすごい選手。プロに転向後、2大会ぶりにリレハンメルオリンピックに戻ってきた彼女のフリー演技は、この曲に合わせてでした。

それまでの私の中での彼女のイメージは、りりしくて、赤い衣装のカルメン。
でもリレハンメルでの彼女はそのイメージとは全く違って、シンプルな曲に強いメッセージを込めた印象だったのを覚えています。順位を争うのではない、思いを込めたスケートで感動したのを思い出します。
[PR]
by myrex | 2007-02-27 22:21 | My iPod
<< 今日のお客さん 今度はどうかな? >>