2005年 12月 10日 ( 1 )
2005年 12月 10日
Singing Christmas Tree!
私の通う東京バプテスト教会では、クリスマスになるとSinging Christmas Treeというコンサートが開かれます。今年も先週末と今週末で合計10公演が行われています。

なぜSinging Christmas Treeというかというと・・・

e0065562_12122086.jpg
ステージ上の大きなクリスマスツリーが






こうなるのです!


e0065562_1212508.jpg




両側にもクワイアがいて、迫力ある歌がたくさん歌われます。






さっきテレビのニュースで『クリスマスまで2週間になりました。クリスマスの主役が登場しました』と言っていて、何が出てくるのかと思ったら、イチゴでした!イチゴってクリスマスの主役なの??

クリスマスは、神がイエス・キリストを人間に送ってくれたことを感謝する日。
だから私達も他の人にプレゼントをあげるんです。
コンサートでたくさん歌われた曲の中にJesus is still Christ of Christmasというような歌詞がありました。クリスマスケーキがなくても、クリスマスツリーがなくても、パーティーがなくても、キリストなしにはクリスマスではないんですね。だから、クリスマスの主役はイチゴじゃない。

街ではきれいなイルミネーション(最近は住宅街も)、デパートではたくさんのプレゼント、ケーキ屋さんはおいしくてすてきなケーキ、レストランではクリスマス・ディナー・・・
私もプレゼント考えたり、ケーキ作ったり、大好き。

楽しい思い出がたくさんできるすてきな時。
クリスマスというだけで、楽しい気持ちになったり、周りの人に日頃の感謝を表したり、優しさを表したり。
忙しい毎日や自分のことでいっぱいいっぱいになってしまいやすい人間に、こういう時間が1年の中にあるのはとてもすてきなこと。

だから、クリスマスをどうしてお祝いするのか、その意味もちょっと考えてみるチャンスもあるといいですね。それに、クリスマスになると飾られるキャンドル、リース、キャンディ・ケーンなどにも、いろいろな意味があるんですよ。

e0065562_12154490.jpg


ところで、コンサートでは赤ん坊のキリスト役が本当の赤ちゃんです。あの大音響の中、泣かないでだっこされているのに、いつも驚き!それに、ちょうどよく、同じくらいの赤ちゃんが何人かいて、交替でこの役を見事に演じて(?)くれます。
[PR]
by myrex | 2005-12-10 12:50 | Daily Thoughts