<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2006年 04月 28日
くたびれたぁ
こんにちは、昨日に引き続き、レックスです。

今日は父さんが帰ってきて、ボクを車に乗せて駅の方へいったから、きょうちゃんをお迎えにいくのかなあと思っていたら、駅を通り越して病院に連れて行かれました。

春の予防接種だって。
それって、もしかして、恐怖のあれが待っているの??

やっぱり!だから病院はいやなんだあ。優しくてきれいなお姉さん達がボクのことかわいいねって言ってくれても、やっぱりいやだ。

爪切りいやだああ!!
こわいんだもーん。

みんなでよってたかってボクを押さえつけてる〜
(←だって、君があばれるからだよ)

やだやだ〜

暴れるなっていったって、こわいんだもーん。
トラウマだよ、トラウマ。誰か爪切りを失敗したでしょ、昔。
痛いのいやだあぁ!

あ、終わったの?
ふう。喉がカラカラだよ。

注射はいいんだよ、一瞬だから。

くたびれた・・・

帰ってきたら早速寝ちゃおうっと。


e0065562_21443068.jpg


部屋を歩いても、ツメが短くなったら足音がしないんだな。
なんだかみんなに気付かれないで歩き回れそうだ。

ああ、もう眠たい・・・

e0065562_21444024.jpg

[PR]
by myrex | 2006-04-28 21:52 | レックスより
2006年 04月 27日
おもちゃだ!
こんにちは、レックスです。


e0065562_20124664.jpg


あ、これなに?

ボクにくれるの?



e0065562_20125863.jpg








うわあぁあぁ、おもしろい〜

なにこれ?




ガムよりかみごたえあるかも〜



e0065562_2013751.jpg


これなに?

長いだけだけど、
ガムよりおいしいかも。

ボク、ガムってあんまり好きじゃないんだよね。




e0065562_20132297.jpg



え?なに?
ラップの芯?

こんなにおもしろいものだとは
知らなかったよ!






注)足に注目→
 犬がこんな格好をするものだとは、レックスが来るまで知りませんでした・・・(き)
[PR]
by myrex | 2006-04-27 20:20 | レックスより
2006年 04月 24日
海岸を駈ける!
去年の春のことですが、三浦海岸に外乗(馬場ではない、外で馬に乗ること)にでかけました。
当日はお天気もよく、外乗日和でした。

e0065562_20561762.jpg


全部で6人。前に同じ乗馬クラブだった人、学校の先輩、私の後に別のクラブで乗馬を始めた友達二人、それに、小学校の同級生。意外と周りに乗馬仲間がいたのです。
3人ずつに分かれて騎乗です。


e0065562_20512464.jpg

私は海岸外乗は初めて。
波打ち際、馬は水の中にも入っていきます。

e0065562_20513429.jpg







馬たちはとても仲良し。
並んで走ってみたり
(あの、私の足が隣の馬の間にはさまってますぅ〜)。

休憩中はこんなに顔をすり寄せて遊んでみたり!


乗馬クラブではこういう光景はほとんどみかけませんね。種類が違うとこんなに違うんですね。

なんか、ほのぼの。





海岸への行き帰りも馬に乗ったまま。こんなふうに街の中を通っていきます。

e0065562_21121742.jpg




写真だけ見たら、ちょっとおもしろいですね。


e0065562_20541319.jpg

そういえば、この時は私は落馬したのでした!
だって、馬が砂浜で躓いてこけちゃったんだもの!(私のせいじゃないよぉ、→ルーシーのせい!)

外乗のときは、プロテクター(緩衝ベスト)を着ますが、この時は、エアバック付のプロテクターだったのです。落ちたので、見事にエアバックがふくらみました。
落ちてても全然痛くなかったけど、エアバックにつぶされるかと思いました・・・

e0065562_2052499.jpg

それにしても、楽しかった!
チャンスがあったら、また行きたいです。

初心者の方でも、”疾走!”とはいかないけれど、気持ちよくパカパカできるからお勧めですよ!
[PR]
by myrex | 2006-04-24 21:21 | Horse
2006年 04月 21日
BB新作ネックレス☆
友人のアクセサリーショップビーズベリー の新作ネックレス。
実は、これ別の友人達からプレゼントでいただきました。

e0065562_901466.jpg「何がいい?」と聞かれ、リクエストしたのがこの

”ジェネシス8ロングネックレス”

「ジェネシス」とは聖書の一番最初の「創世記」=英語でGenesisのこと。
創世記の8章には有名なノアの箱船の記事があります。
このネックレスはそのイメージだそうです。


ほら、ハトがついているでしょ?
ハトは洪水のあと、ノアが箱船から放すとオリーブの新芽を加えてノアのところに戻ってきました。
水が引いてきて、木々が息を吹き返したことを知らせたのです。
ハトが「平和のシンボル」として使われているのもこの聖書の箇所が起源なんですよ。

ネックレスの詳しい写真はこちら
ビーズベリーの店主のブログから、このネックレスに関する記事はこちら

ちなみに
ビーズベリーでは、母の日キャンペーンをしているようです。
母の日のプレゼントを迷っているあなた!もしかしたらぴったりのプレゼントがみつかるかも!Check it out!!
[PR]
by myrex | 2006-04-21 09:11 | Lifestyle
2006年 04月 18日
のぼるのは、得意だよ
こんにちは、レックスです!

ボクって、気のおもむくまま、
狭いところだってのぼっちゃいます。
e0065562_11113273.jpg

たとえば、椅子。

ちゃんと椅子をひいてあっても、
うまいことのぼっちゃうんだよね。

のぼってから方向転換だってできちゃう。
ちょっと片手がこんなになっちゃうけどね。







(それって単に食いしん坊なだけでしょ!byきょうこ)


あ、父さんと母さんが車で出かけていく・・・
ソファの背もたれからお見送りしよう。

e0065562_11121283.jpg


ボク、またひとりでお留守番なの?

退屈だなあ。

今日も昼寝するか・・・









(っていうか、私がうちにいるんですけど・・・!byきょうこ)
[PR]
by myrex | 2006-04-18 11:23 | レックスより
2006年 04月 15日
なぜGoodな金曜日?
明日(16日)はイースター・サンデー(復活祭)です。
イースターの直前の金曜日、つまり昨日のことを、英語では

       「Good Friday」

と言います。

でも、日本ではだいたいの教会で「受難日」とか「十字架の日」と呼ばれています。
そう、イエス・キリストが十字架にかかった日です。

英語でもキリストの受難のことを指す言葉はあります。
それは

        「Passion」

ご存じの方も多いと思いますが、数年前にメル・ギブソンが監督として作成した映画「The Passion of The Christ(邦題:パッション)」は、まさに題名のとおりの映画なのです。

では、なぜ受難日のことを英語では「Goodな金曜日」というのでしょう。

クリスチャンは、キリストが十字架にかかって苦しみを受けたことによって、私達一人一人の罪が許された、つまり、キリストが自分の身代わりになって死んだと信じています。
だから、キリストの苦しみを思うととても悲しいのですが、その十字架によって私達に救いがもたらされた、その意味で「Good」なのです。
e0065562_22135650.jpg

そして、十字架の死で終わるのではなく、3日目の日曜日はキリストの復活を喜ぶのです。
だから、希望もあるということですね。

昨日は、教会でGood Friday Service(受難日礼拝)があり、私も出席しました。
そして明日はイースター・サンデー。

多くのクリスチャンは日曜日に教会で礼拝をしますが、これはキリストの復活が日曜日だったからなんです。
いわば、毎週イースターを祝っているようなものです。



ちなみにイースターには教会でユリの花を飾ることが多いのですが、これはなんと日本発祥の伝統で、西洋に輸出された慣習だそうです。今年初めて知りました!
(上の絵は、母の作品です)
[PR]
by myrex | 2006-04-15 22:24 | Daily Thoughts
2006年 04月 12日
ボクの得意技?!
こんにちは!レックスです。

ボクの得意技の一つは何と言っても寝ること!
それも、寝るのに気持ちのよい場所をいつでもちゃんと見つけるんだ。

例えば、干したばかりのお布団。
e0065562_10303537.jpg

ベッドに敷いたら、すぐにのっかっちゃう。敷く前に寝ちゃうこともあるけどね。

e0065562_10304753.jpg

ぽかぽかで気持ちいいなあ・・・むにゃむにゃ
このふんわりとお布団にうもれて寝るのって最高のお昼寝・・・

e0065562_10305788.jpg


干したばかりでなければ、
お布団の中に入っちゃおう。
ベッドメイキングしてカバーがかけてあったってなんのその。
ちゃんと掛け布団と毛布の間に入っちゃうもんねー。

e0065562_10311137.jpg




←これ、ボクの鼻だよ。
じゃ、おやすみ・・・・zzzzzz
[PR]
by myrex | 2006-04-12 10:38 | レックスより
2006年 04月 09日
Baby Dedication
今日、教会(東京バプティスト教会 )の私が出席した礼拝では、二組の家族のBaby Dedication(献児式)がありました。
e0065562_227335.jpg

Baby Dedication(献児式)というのは、両親が、与えられた子どもを神様から預かったものとして、聖書の教えに従い、親の責任を果たして、育てていきますという決意を表明し、牧師が両親と子どもの祝福のためにお祈りをするセレモニーです。

こうして、子ども達が両親や周りの人々に愛されて、祈られるということは、本当に幸せな成長であることと思います。

ところで、今日は「受難週」の初日。「棕櫚(シュロ)の聖日」と呼ばれる日曜日でした。キリストが、十字架を前に、エルサレムに入城した日です。
今週の金曜日が受難日(十字架の日)で、今度の日曜日はイースター(復活祭)です。
[PR]
by myrex | 2006-04-09 22:27 | Daily Thoughts
2006年 04月 08日
お菓子作りのルーツ
お菓子のお話が続いてしまいますが、今日は、私のお菓子作りのルーツを書こうと思います。

初めてお菓子を作った記憶は小学生の頃に遡ります。何年生だったかしら。もう忘れてしまいました。
でも作ったものは覚えています。それは型抜きクッキー。
それも、父と一緒に作ったことから始まりました。
なぜ、お料理を全然しない父とお菓子を作ったか、よくわかりませんが、小さい頃から父は私と一緒によく遊んでくれていて、キャッチボールやバドミントンをしたりスケートに行ったりするのと同じように、お菓子作りをして一緒に時間を過ごしてくれたのではないかと思います。
その時から使っているクッキーの型はまだ健在です。

e0065562_22455951.jpgそして本を買ってもらい、写真を見ながら一人で作るようになりました。
この本に載っているものはほとんど作りました。

何度も何度も失敗したショートケーキ(いつもスポンジを失敗)。

ふくらまなかったシュー。

パウンドケーキ、
レアチーズケーキ、
クッキー、
カスタードプディング・・・

失敗をたくさんしましたが、「大丈夫よ」と言って、食べられるように工夫してくれたのは母。
そしていつもおいしいといって食べてくれたのは父。
二人のお陰でお菓子作りをきらいにならなかったのだと思います。それに買ってもらった電動泡立て器は嬉しかった!

e0065562_22461028.jpgそしてこの本に出会ってお菓子作りの幅が広がりました。

この本をくれたのは、
母のいとこ。

今もいつもクッキーをたくさん焼いてくるおばさんです。

このおばさんが私がお菓子を作り始めたと知って、この本をプレゼントしてくれました。
おばさんはお菓子作りを続けるきっかけをくれたもう一人の人です。


この本の中のお菓子も、いろいろ作りました。本はもう、ページがバラバラになってしまうほど、使っています。
e0065562_2246233.jpg


それから、少し(というか、だいぶ)レシピの本は増えました。
手作りのお菓子をプレゼントして食べて頂く喜びも味わってきました。
作ったケーキも色々です。そして、いろいろな場面で食べて頂く機会もありました。
一時は本当にケーキ屋になりたいと思いました。静かな喫茶店を開きたいとも。。。
まだ夢は捨てていません。いつかそんな日がくるかも!
[PR]
by myrex | 2006-04-08 23:14 | Baking&Cooking
2006年 04月 06日
ブルーベリー・ポピーシード・ケーキ
e0065562_22532894.jpg

これはおそらくこの数年間では一番回数多く作っているケーキだと思います。
一見普通のパウンドケーキのようですが、生地はしっとり。でもしっかり。
そして、ポピーシードがたくさん入っているので、ぷつぷつとした歯ごたえを楽しむことができます。
e0065562_22534449.jpg


さて、このレシピ、渡辺みなみさんの本に載っていますが、みなみさんのオリジナルではありません。
アメリカで毎年行われる有名なコンテストで1990年に優勝したレシピです。




ここでクイズ。
このレシピを考えた方は、一体いくらの賞金を手にしたでしょう?
答えは、この記事の一番最後に書きます。
あててみてください!


e0065562_22535796.jpg

普段はマフィン型で焼くことが多いです。
マフィンにする時には、生地を少し流してからブルーベリー・フィリングを入れて、また生地を流すので、食べる時に手で割ると中から青いブルーベリーが顔を出すという感じです。
食べ応えもしっかりあります。



こちらはいただいたグレープフルーツ・ゼリー。
e0065562_2254632.jpg

このぷるぷる感がたまりません。
さっぱりしていてとてもおいしかった!
見た目もステキですね。ぜひ今度作ってみたいと思います。

さてさて、先ほどの答えです。
[PR]
by myrex | 2006-04-06 23:07 | Baking&Cooking