<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2006年 07月 31日
将棋は全然知らないけれど・・・
今日は、私の所属する大学院の主催で、あの!羽生三冠の講演会がありました。
テーマは「決断力」
もちろん私は将棋を勉強しているわけではないのですが、対局における一つ一つの判断や思考、勝負に臨む心構えなど、いろいろと共通するところがあるのではないかということでの企画です。

羽生さんが対局においてどういうふうに判断を下していくのかということを中心にお話ししてくださいました。とても興味深かったです。

例えば、どうしたらいいのか不安を感じる時、人間ははっきりした答えを欲しがります。しかし、そういうふうに考えると、思考の幅は狭まってしまうのです。
ですから、不安に思う時は、むしろ物事を単純化せず、幅広く考えるゆとりを持つことが大切だと言うことです。
確かに、
どうすればよいのかわからない時は「こっちを選びなさい」みたいなはっきりした導きが欲しいと思います。でも案外その答えはすぐに与えられなかったりしますね。少し時間があって、そうしてから自分が最初は思いもしなかった道が開かれたりすることもあります。

それから、好調と不調の波がありますが、不調なとき(=実力不足ではなく、力はあるのにうまくいかない)は、「変化のチャンス」と考えるそうです。やり方を変えたり、練習の方法を変えたり。
むしろ、好調を維持する方が難しく、現状を変えることにリスクがあるので、なかなか違うことに挑戦することができなくなるそうです。

そしてこれは友人に聞いたのですが、「自分の気持ちがぶれてしまうことがあるが、どうやったらぶれないで、最初の気持ちを維持できるか」と質問したところ、「気持ちがぶれないようにしようと意識し続けることが大切なのでは」というお答えだったそうです。
これは、インパクトありました。

e0065562_23163367.jpg
こちら、三冠のサインです。
なぜかちゃっかり(といったら失礼だけど)2番目に並んでサインをもらったH先生に見せて頂きました。

間近でお話しを伺うと、羽生さんは名人でありながら青年のような方でした。
もちろんものすご〜く頭がよくて、本当にいわゆる天才でいらっしゃると思うけど、率直に、うまくいかない時はどうされるとか、経験を積んでくるとリスクを避けて慎重になりすぎてしまう、またこうやって話していても実際に対局になると自分もこうしてしまいますなどと、お話しくださる素敵な方でした。
[PR]
by myrex | 2006-07-31 23:54 | Daily Thoughts
2006年 07月 30日
梅雨明けだから暑中お見舞い
こんにちは、レックスです。
梅雨があけましたね。いよいよ夏本番!みなさんお元気でお過ごし下さい。

ボクは元気です。
だってたくさん寝ているもん。やっぱり睡眠は健康の秘訣です。

暑中お見舞いとして、ボクの寝顔を送ります。
あ、顔だけじゃないな、これは。

今日はソファで寝る編です。
e0065562_6283136.jpg






e0065562_6284534.jpg
上から見るとこんな感じ。

コンパクトでしょ?
ちゃんとみんながソファに座れるように(?)、ボクははじっこで・・・








う〜ん、よっこらしょ
e0065562_6301480.jpg



e0065562_6305889.jpg

上から見るとこんな感じ。

e0065562_6315146.jpg


こんな格好でも、寝ているんです。




こんな格好でも・・・
[PR]
by myrex | 2006-07-30 23:45 | レックスより
2006年 07月 28日
今日はお休み(のつもり)
e0065562_2127256.jpg
今日は、私の中ではお休みの日。

朝はのんびりお寝坊。

←こちらなぜか敷き布団にはさまって寝ているレックス。

のんびり過ごしながら、教会のことでちょっとお手伝いさせてもらっていることの作業をコンピューターでしたり、友人と打ち合わせたり、あとはぐだぐだ。


私は家にいるのが好き。休みだからといっても出かけたりしないでこうやって家で過ごすことが多いです。


私の足を枕に寝ているレックスの横でだら〜りとして
久しぶりにiTunesでネットラジオの音楽聞きながら
読んだのは

この本
e0065562_21273522.jpg

人気ブログ農家の嫁の事件簿が本になったものです。
こちらのブログ、お気に入りで普段から見させてもらってます。

AKIさんの楽しい絵と文章がとても魅力的です。
日常の中から自然や人々との関わりのなかで、いろいろな発見をして、それをこんなふうに表現できるって素晴らしい!と思います。



そんな感じで過ごしましたが、そろそろ現実に戻らないと・・・


さて、ハトさん一家の最新情報。
柿の木の枝で親鳥が止まっているところまで、よちよちバタバタと枝を伝って移動して、餌をもらってました。

e0065562_21274738.jpg
←お隣の柿の木の枝で、餌をもらっている子供のおしりです。
ハトの親は、餌をたくさん胃袋に入れてきて、子供には口から与えているようです。
それにしても、体はもう大人と変わらないくらい大きいから食欲も旺盛だろうな。
この数日は鳴き声も頻繁に聞こえていたので、餌の回数も多かったのかもしれません。
昨日くらいになると、今度はお隣の屋根の上で餌をもらっていました。
だんだん行動範囲が広がってきているのでしょう。




そして、今朝は近くにいるようでしたが、夕方にはもう柿の木にもいませんでした。
そろそろ少し飛べるようになって少しずつ移動していったのかな・・・
[PR]
by myrex | 2006-07-28 21:50 | Daily Thoughts
2006年 07月 25日
飛行距離 : 3メートル
またもハトのお話しです。
e0065562_20461441.jpg別にハトという鳥が好きというわけではありません。
駅に行けばたくさんいますから珍しくもありません(特にM田駅)。

けど、ハトの暮らしをみたのは初めて。
それで毎日興味を持って見守っているわけです。


最近わかったのは、ハトの子供は親が近くにいない時は決して鳴かないということです。
それはもう、よくしつけができているというか、子供だけのときは身動きもしません。


そして、窓を開けていると、聞こえてきます。

「ポーポーッポッポー、ポーポーッポッポー」

親鳥がやってきました。
そっとベランダに行くと

「ヒ〜ヒ〜」「ヒ〜ヒ〜」

餌をねだって子供達が鳴いてます。

親鳥はまず近くに一度降りて、様子を見てから巣に入って餌を与えているようです。
見回すと、電線にはもう一羽。大きいからお父さんでしょう。
様子を見守っています。

そして、今日の発見。ハトのつがいは仲がよいこと。e0065562_2046461.jpg
餌を与えた後、しばらく近くの電線にとまってなにやら相談しているように見えます(右がお父さんと思われる)。
それからお父さんがお母さんをいたわっているように見えました。

しばらく休んで仲良くまた飛んで行きました。


夕方、私がレックスの散歩に行こうと外に出てみると、おや、またハトの親が来ている様子。
子供達がヒ〜ヒ〜言ってます。

すると、

バタバタッ

飛びました!子供達が!
お隣の庭の大きな柿の木の枝に向かって。
木の枝でうろうろしながら2羽ともまたヒ〜ヒ〜鳴いてます。

親鳥の一羽がお隣のおうちの屋根に飛んで行きました。
まるで飛行訓練の始まり。

レックスの散歩から帰ってきて見ると、あいかわらず子供達は柿の木に。
でも親鳥の姿はありません。

その後、彼らは巣に戻ったのでしょうか?
巣に戻るには、上昇しつつ飛び移らなければなりません。
どうしたかな・・・

気になります。
e0065562_20471647.jpg


さて、

お隣の柿の木です。

どこにハトの子供はいるでしょう?

答えは・・・
[PR]
by myrex | 2006-07-25 21:02 | Daily Thoughts
2006年 07月 22日
生きていた!
昨日のブログで、ハトたちがいなくなってしまった、ヒナは育たなかったのだろうと書きましたが、なんと、元気に生きていました!!
嬉しい〜神様ありがとう!
別に私が飼っているわけではないのだけど、うちの庭の木に巣を作って暮らしていたから・・・

この辺りは、先週末まで毎日酷暑でした。
そして今週に入ってから気温はぐっと下がり、毎日雨、雨・・・

晴れている時、ベランダから巣の辺りを見ても、親鳥は見あたらないし、ヒナの頭みたいなふわふわした毛が見えるだけで、全然動きませんでした。
そして、雨になり、2回くらい見ましたが、やはり全然動いていません。
もうヒナは育たなくて、親鳥はあきらめて去ったのだろうと思っていました。
残念・・・かわいそうと思いつつ、昨晩時間ができたのでブログに記事を書いたわけです。

ところが、今朝(雨はあがりました)、洗濯物を干していた母が、死んじゃったのかなあとまたのぞいてみて、手の届く枝を突いてみたら、

かわいい目がぱちくり!

見えたのです!

うわあ!生きていた!!

私も見に行きました。もしやヒナは生きているが、親鳥はいなくなったのかしら?と思っていると、近くの電線にちゃんと2羽止まって様子を見ています。

しばらくすると1羽が巣に飛んできました。
そして子供達に餌を与えています。

その時初めて、ヒナの声を聞きました!案外小さい声なのです。
そして、その姿も!なんと、ヒナと呼ぶには大きく、成鳥の半分から3分の1くらいに大きくなり、羽を広げて鳴きながら餌をねだっていました!

感激。。。嬉しかったです。

e0065562_1017675.jpg
うまく写真が撮れないのですが、これが1羽。どうやら2羽の子供がいるみたいです。

親鳥が飛んでいくと、またし〜ん。
じっとして全然動きません。

ほんと、よかった!


考えてみると、私もいろいろと勝手に勘違いしていました。
例えば、ヒナはたくさんいて、雀やツバメの子供のようにピーピー巣で餌を待って鳴いているものだと思っていたし、親鳥はちょこちょこ餌を運んでくるものだと思っていました。
でも違いました。

今朝は嬉しい朝でした。
[PR]
by myrex | 2006-07-22 10:30 | Daily Thoughts
2006年 07月 21日
残念ながら・・・かわいそうに
・ ・ ・ ・ ・ と思ったのですが、なんと!
[PR]
by myrex | 2006-07-21 21:03 | Daily Thoughts
2006年 07月 15日
ハトのヒナの鳴き声って?
e0065562_928422.jpg
どうやら我が家の庭の木に巣をつくったハトのつがいが暖めていた卵はかえったようです。
それまで巣の上にすわっていた親鳥が、今は巣の縁にとまっていて、足下にはヒナのようなまばらに毛が生えたふわふわしたものがいるのです。

でも、ツバメのヒナみたいにぴーぴー声が聞こえたりせず、いっこうに様子がわかりません。
ハトのヒナってどんな鳴き声をするのでしょう?
ご存じの方いらっしゃいませんか?


写真をとろうとベランダから見るのですが、デジカメではどうにもうまくピントを合わせられず、これが限界です。
どうでしょう?見えますか?
e0065562_9281976.jpg



e0065562_9283444.jpg 写真を撮ろうと巣をのぞいていると、すぐ近くにばたばたとハトが飛んできました!
どうやら一羽は近くで見張りをしているようです。
巣にいる親も、いつも眼光鋭くこちらの様子を窺っています。
[PR]
by myrex | 2006-07-15 09:37 | Daily Thoughts
2006年 07月 09日
バースデー鮨
今日は教会のお友達のお誕生日を友人達でお祝いしました。

e0065562_21463757.jpgバースデーケーキならぬバースデー鮨とでもいうようなメニューです!
甘いものはちょっと苦手で酸っぱいものがだ〜い好きな彼女なのです。

テーブルに並んだのは
酢でしめたアジのお寿司(酸っぱい)
しめ鯖の押し寿司(酸っぱい)
四川漬け(酸っぱい)
お赤飯(めでたい)

アジは今が旬でおいしいですよ〜
う〜ん、ホントに酸っぱいメニューです。


四川漬けというのは、カリフラワーやキャベツなどのお野菜を酸っぱいタレであえたものです。中華風サラダといったところでしょうか。
数年前に知人に教わってから、すっかり私のお気に入りのレシピになってしまいました。

e0065562_2146579.jpg


それから、彼女の大好きなお花。
特に好きだと聞いていたトルコキキョウが入っています。


名前のわからないお花が色々ですが
トルコキキョウはちょっと小さめの花でカワイイ!


e0065562_21471225.jpg

黄色いのはひまわりです。
こんな優しい色のひまわりもあるんですね!


お花って頂くのもすごく嬉しいけど、プレゼントするのもなんだか嬉しい!

お店の前でその人を思い浮かべて似合うお花を考えるのは楽しいです。


e0065562_21484291.jpgそれから、この小さなおいのりのたびという本もみんなでプレゼントしたのですが、とても素敵な本だと思いました。

こども向けに、わかりやすいことばで生活のいろいろなシーンでのお祈りが書かれている絵本なのですが、素直な心を思い出させてくれたり、忘れがちな大切な事に気付かせてくれる本だと思います。大人の皆さんにもすご〜くオススメです。

おいしく食べて、おしゃべりして、私も楽しい時間でした!
お誕生日おめでとう!
[PR]
by myrex | 2006-07-09 22:14 | お友達
2006年 07月 07日
今年もカラーが咲いたよ
しばらく前に、ピンクのカラーが咲きました。
e0065562_2336779.jpg
これは韓国人の女の子から、うちの母へのプレゼントでした。

彼女は、7年前の夏に、近くの大学の交換留学プログラムで数週間アメリカの大学からやってきました。その時、我が家にホームステイしました。

彼女は日本語を勉強していて、うちでは全て日本を使いました。どうしても困った時は英語を使いましたが、よく日本語ができました。

私が子どもの頃したのと同じように、学校へ行く前に朝ご飯食べながら母と漢字練習したり、家族で一緒に出かけたりしました。

最初は私達も初めてのホストファミリーだし、習慣などの違いや意思疎通の難しさもありましたが、慣れてきた頃に帰ってしまった感じでした。

e0065562_23362028.jpg
そんな彼女が、2年後に、今度は別の大学に半年間留学しました。その時は、都内で生活していましたが、何回かまたうちに来てくれました。日本語はさらに上手になっていたし、彼女自身が成長したなと感じました。

その時、母の日にこのカラーをもってきてくれました。
それから毎年きれいに咲いています。

彼女のご両親は宣教師。テコンドーのチームを率いて世界のいろいろな所に宣教に行かれていました。2回目の留学の時には、ちょうどご両親も日本にいらっしゃり、私もテコンドーのパフォーマンスを見にいきました。テコンドーといっても、対戦するというのではなく、いろいろな型やわざを披露して、その中に聖書に書いてあることを比喩的に表現していくんです。そのチームの中には、韓国のナショナルチームの選手もいました。

それから、彼女のお母さんもうちを訪ねてくれました。彼女の日本語と韓国語の通訳でいろいろお話ししました。その中では戦争の時に日本が韓国の人たちにした本当にひどいことも聞かせていただき、私達家族にとって大切なときになりました。

そんな彼女、また会いたいなと、カラーを見ると思い出します。
[PR]
by myrex | 2006-07-07 23:34 | お友達