2005年 10月 16日
広島風お好み焼きにケーキ?
今日は午前中教会に行った後、お昼は友人達と広島風お好み焼き!
みんなでわいわい作ってたくさん食べて、おいしかったです。

e0065562_22124493.jpg

今日は私は久しぶりにチカちゃん&トラちゃんに会うのを楽しみにしてました。
←チカちゃん、ごめんね。今日はいい写真がとれなかった・・・
e0065562_22114053.jpg


チカちゃんとトラちゃんについてはこちら



チカちゃんもトラちゃんも私のこと覚えていてくれたみたい!(と思いました)
かわいいです。



お好み焼きのあとはケーキでまみさんのお誕生日をお祝い。おめでとー!
何歳になるの?と聞いても、最後まで「17歳!」とがんばっていたまみさん、ろうそくは何本?

e0065562_2212266.jpg

おなかいっぱいになって、たくさんおしゃべりもして(結構ディープな話になった)、楽しかったし、よい時間を過ごすことができました。ありがとう〜
[PR]
# by myrex | 2005-10-16 22:22 | お友達
2005年 10月 15日
これなーんだ?
こんにちは、レックスです。
これは何でしょう?

e0065562_02738100.jpg



誰かさんのベッド?ちゃんとベッドメイキングしないとねー。

ちょっとめくってみると・・・


e0065562_0282459.jpg


さらにめくると・・・




e0065562_0284812.jpg
僕でした!最近ちょっと肌寒いし、お昼寝には毛布と掛け布団の間に寝るのが一番気持ちいいんだ。
ベッドメイキングしといてくれると、それをよいしょよいしょとうまく僕専用のベッドになるようまとめやすくていいね!気持ちいい〜。
[PR]
# by myrex | 2005-10-15 23:58 | レックスより
2005年 10月 11日
本や映画
本を読むのは好きですが、読む数はそれほど多くありません。範囲も限られているように思います。

物語を読んでいる時はその中に入り込んでしまいますし、映画を見ても中に入ってしまい、終わってもしばらく頭はその映画の中を漂っている感じです。感情移入してしまう映画を見ると、感動するけれども、ものすごくエネルギーを消耗した感じがします。

それで、どんな本を読むか、どの映画を見るかは、私にとって少し大切な問題です。

アメリカにホームステイした時にビデオを借りてきてホストファミリーと見ようとしたときに、たまたまその映画の始めの部分が主人公の子どもが大人の自殺する場面を目撃するというものでした。その時ホストファミリーの子ども達も一緒に見ていたのですが、すぐに親にビデオのスイッチを切られました。これはあなたたちが見るには相応しくないからという親の説明に、子ども達は納得してすぐに他の遊びを始めました。それから私には、見たかったら見てもいいけれども、子ども達に人が自殺する場面などは見せたくないのでと言いました。

自分が大人である今、もちろんこれくらいの事にはあまり気を配りません。ミステリー物、大好きですし。でもこの出来事をきっかけにして、自分の熱中しやすさも考えて、特に映画ではあとで自分にとっていい印象を残さないと思われるものは避けるべきだなと考えています。それでもよく失敗します・・・

小説は自分が共感できるものは何度も繰り返し読みます(例えば赤毛のアンのシリーズ)。だから読む本は偏っています。外国文学の方が多く、日本文学は三浦綾子の作品と夏目漱石あたりが多いと思います。本棚を見てみると、最近の作品は持っていないみたいです。
e0065562_2365897.jpg

それにしても、小説だと時間を惜しんで熱中して読めるのに、勉強の本はそうもいかなものです。やはり自分がお話の中に入っていけるかどうかの違いでしょうか?
[PR]
# by myrex | 2005-10-11 23:13 | Book & Movie
2005年 10月 08日
ありがとう・・・
あまりにも突然のお別れでした。
少し前にこのブログで紹介したチワワのマメちゃんが、昨日の夜天国へ行きました。

今日、よしこさんのご家族と教会の友人たちで、マメちゃんと最後のお別れの時間を持ちました。お別れはとてもとても悲しいことだけれども、今までマメちゃんと過ごせたことを神様に感謝しました。

インターホンを押すと、いつもおうちの人の声よりも先にまずマメちゃんの声が聞こえてきていたのに、今はもう聞こえません。お別れは辛く、今までそばにあった存在がなくなってしまうということは、苦しいことです。でも、また天国で会えます。

マメちゃん、たくさんの楽しい思い出を残してくれて、心を温めてくれて、そしてよしこさんと一緒に過ごして、嬉しいときも一緒に、辛いときも黙ってよしこさんの側に寄り添ってくれて、ありがとう。そして、マメちゃんに出会わせてくれた神様、ありがとう。




この世での命には終わりがあります。人生は、短いかもしれないし、長いかもしれない。いつその終わりが来るのか、わかりません。誰だって、普段元気なときは、「今日で終わりかも」なんて思って生活していません。でも、もしかしたら終わりがすぐ来るかもしれない。突然、思いもかけないところで。


でも、そのときまで、精一杯生きて行きたいです。それは、死ぬときに何もやり残したことがないということでも、何か具体的なことをやり遂げるということでもありません。何もやり遂げられないかもしれない。でも、いつ天国に行く時が来るとしても、そのときそのときに自分に与えられていることに精一杯、誠実にベストを尽くしていたい。神様から私に与えられた時間を生き抜きたいのです。
[PR]
# by myrex | 2005-10-08 23:52 | お友達
2005年 10月 07日
月の下の美人とは?
月下美人の花が咲きました。
名前にふさわしい、きれいな花です。それも一晩しか咲きません。

e0065562_9152341.jpg
あたりが暗くなる頃つぼみが開き始め、9時ごろには満開になります。
花が開くにしたがって、とてもいい香りがただよってきます。
名前の通り、月の下で咲く美しい花です。

育てるのは簡単ですし、挿し木で増やすこともできます。
我が家では毎年楽しんでいます。
時には10個くらいの花が一度に開くこともあります。
e0065562_9203633.jpg

次の朝起きたときには、もうダラリとしぼんでいます。
本当に一夜を精一杯生きているという感じです。外に置いておくと、たまに花が咲いたのに気付かないこともあります。次の朝、しぼんだ花を見て、ちょっと申し訳ない気持ちになります。
[PR]
# by myrex | 2005-10-07 09:24 | Daily Thoughts